【連絡先】​ (代表者:堀田英朋)

 〒132-0031  江戸川区松島3-14-8

TEL:090-8112-1571    edohune@gmail.com

フードネット江戸川 会則(抜粋)

1.  名称

    この会は、「フードネット江戸川」と称する。

2.  所在地

    この会の事務所は、東京都江戸川区松島3-14-8に置く。

3.目的

     この会は、包装の破損や印字ミス、賞味期限が近づいた等と

   いった理由から、品質に問題がないにもかかわらず廃棄され

   てしまう食品・食材を、企業や個人等から引き取り、必要と

   している福祉施設・団体等や自立支援のため生活困窮者へ無償

   で提供する活動を行うことを目的とする。

4.会員

    会員は、正会員・協力会員・賛助会員とする。

5.入会の資格

      会の目的に賛同し会費を納めた者とし、その他の条件は特に

    設けない。

6.役員

    この会に、若干名の役員を置く。内1名を代表者とする。

7.会の活動

    定例会議は毎月2回開催する。

8.会費

      正会員 :       1,000円/年

      協力会員 :     500円/年

      賛助会員 : 1口 10,000円/年

9.保険

    会員はボランティア保険に加入する(任意)。

10.設立年月日

    この会の設立は、2016年8月19日とする。

11.その他

 会則の変更については、議会にて決議する。

●会員募集

入会をご希望の方は、入会申込書に必要事項をご記入のうえ、事務局にお申し込みください。

​ 申込書

はじめに

 フードネット江戸川は、江戸川総合人生大学の在学生及び卒業生を

中心に組織された福祉ボランティア団体です。

 本団体の設立目的は、

①現在社会的に問題となっている食品ロスを減らし、

②生活困窮者に食料供給することを目指す「フードバンク」活動を行い、

③「子ども食堂」の開設や「学習の場」の提供を視野に入れた活動を行うことです。

 いま日本では年間630万㌧の食品ロスが発生していると云われて

おり、その主な原因は家庭より発生するロスが大きな比重を占めます。

その他にも消費期限を残しながら、日本独自の自主ルールである1/3

ルールにより、生産業者・流通業者・消費者各段階での廃棄処分や包装

の破れ・汚れなどによる処分が原因です。

 これらの食品ロスを有効に活用することにより、企業にとっては廃棄

処分に要する費用の節減になり、また社会的貢献を果たすことで企業

イメージの向上につながります。

 一方、生活困窮者にとっては大きな支援となります。

 これらの活動を行うについては、行政各機関の協力が不可欠ですが、

フードネット江戸川はその仲介を行い、食料の備蓄(ステーションM)

や配布作業などの実務を行います。

 食料については、生産業者・流通業者・各家庭よりの寄付に加えて、

他のフードバンク組織との提携により入手します。

支援先は  ①生活困窮者自立支援事業対象者、②ひとり親家庭、

③その他 の人々を対象にして行います。

~ 配る ~

①食品を届け 見守る

②生活困窮者に食品を届ける

③福祉施設や支援団体に届ける

④さまざまな普及活動 

⑤子ども食堂 学習支援

∞ 集める ∞

                                                  

食品を集める

①企業や個人から食品の寄贈を回収

②食品企業や流通企業などに余剰食品の提供を呼びかけ、回収

賞味期限内なのに捨てられる食品を回収

④都内の大手食品企業をはじめ、食品以外の企業からも災害備蓄品等

 のご提供をいただきます。

寄付いただきたい食品

①穀類(お米、麺類、小麦等)

②保存食品(缶詰、瓶詰等)

③インスタント食品、レトルト食品

④飲料(ジュース、コーヒー、お茶等)

⑤ギフトパック(お歳暮・お中元等)

⑥乾物(海苔、豆類など)

⑦調味料各種、食用油

※注意いただきたい点

 賞味期限が1ヶ月以上あるもの

 未開封であるもの

 破損で中身が出ていないもの

 お米は常識の範囲内で古くないもの

<ステーションM>

(ピックアップポイント)

 〒132-0031 江戸川区松島3-14-8

TEL:090-8112-1571

食べ物を無駄にしていませんか

お腹をすかせていませんか

090-8112-1571に

連絡ください

企業
​団体
個人
他フードバンク
ボランティア
フードネット江戸川
生活困窮者自立支援
ひとり親家庭
福祉施設・団体
支援者・会員・個人・団体・企業